OneThird CMS

Lightweight CMS for Small website, Web application framework.

Download Document

english

ローカルPCにインストールする方法 (OneThird Web Server編)

OneThird Web Server をお試しインストールする

まず、OneThird CMS を動作させるためのサーバー環境が必要となります

レンタルサーバーを借りれば簡単ですが

ここでは、手軽に試すために OneThird Web Serverを使った方法を解説します

OneThird Web Server は、OneThird CMS専用のサーバー環境を非常に簡単につくることができます


OneThird Web Serverをダウンロードする

OneThird Web Serverは、このサイトか、SourceForgeからダウンロードできます

ダウンロードしたファイルを解凍して、適当なところに設置してください

onethirdserver.exeをクリックするとプログラムが起動し、タスクトレイに常駐します

同時にOneThird CMSのインストール画面が開きます


※ OneThird CMS Serverをサービスとして登録する場合は、管理者権限で実行してください







なお、ソフトウェア起動時にセキュリティ警告が表示されます

お試しで動作の場合、とりあえず、キャンセルしてもOKです

※ キャンセルした場合、他のLAN上のPCからもアクセスできなくなります



※ インストールするURLはhttp://localhost:8080でインストールしてください

※ もし、他のPCからアクセスする場合は、PCを固定IPにした上にそのIPでインストールしてください

例:http://192.168.0.3:8080


起動直後の選択画面

OneThird testerが起動すると、サイトの選択画面が表示されます


v1.05から、複数サイトのテストが行えるようになりました

test-siteをクリックするとOneThirdのインストール画面が起動します

OneThirdのプログラムは、

インストールフォルダ/www/test-site

以下に配置されています

この内容を他のフォルダにコピーすると複数サイトをテストできまので、その場合はイントール作業を行う前にコピーしておいてください


OneThird CMSをインストールする

インストーラーが起動した後は、Admin IDとAdmin passwordを入れてStart installationをクリックだけです




注意

OneThird CMSは、マルチサイト対応CMSですが、OneThird Web serverでは、マルチサイトには対応していません

マルチサイトの場合はServer2Goをお試しください

インストール方法(Server2Go編)